人気ブログランキング |

<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧


はちネタ

いつもはちの事を書いている桜です。

はちの朝の散歩は1時間ほどしてます。以前、サボって20分ほどで済ましてたらストレスが溜まり、悪い子になってしまった事があり、それ以来長く行くようになりました。

散歩の途中、色々なわんこに逢います。今日は同じコギー犬で、はちより大きい。体重は17キロと飼い主さん言ってました。
はちは13キロで大きいと思っていたけどさらに上がいたとはビックリでした。

相性が良かったみたいで少し遊んで、帰りました。

by owl-top | 2011-02-11 10:36

貧乏人の食生活

a0167322_13513250.jpg


最近また寒くなりだしました。

この間、寒すぎて焦りすぎたのか暖房つけても全く院内が暖まらないので確認してみると冷房になってました…

足元がやはり寒くって…
ストッキングが寒すぎてアシスト付きながら『寒い』『お金がない』ばかり言ってたら…
昼休み中に院長がタイツ買ってきて下さいました(´;ω;`)ブワッ

一度タイツ履いたらやめられない!!

寒いしか言わなかったあたしがこの間暑いと言ったぐらいです!!

高垣院長は女神様です´∀`


しかし…
日曜なんかは娘がお菓子食べたいと言い出すし…
あたしも食べたいし…
でもお菓子なんて買うお金ないし…

冷蔵庫の中見て余ってた豆腐と余ってたホットケーキミックスを分量なんて計らずにビニール袋にぶち込んで混ぜて出してオーブンで焼いてみたら…
かなり美味しいモノが☆
部類的にはパンとスコーンの間みたいな食感です!!

簡単でヘルシーなお菓子が出来上がったけど娘は一口も食べなかったとさ♪


☆おしまい☆


デラ

by owl-top | 2011-02-09 13:51

欲しいなぁ〜(^-^)

皆さん、突然ですが

今、一番欲しいものはなんですか?


私は、ホームベーカリーです。
最近の機械は、材料をセットしておくだけで、発酵や寝かせをしなくても簡単に美味しいパンが出来上がっちゃうんですよ!


家電販店に行くと、じっくりと見て性能を吟味して
『あぁ〜、これでいつでも焼きたてのパンが食べられるぅ〜♪』


って、妄想の世界に入り込んでしまいます。


パンを焼いている時と、焼きあがった時のあの香り!(o^_^o)


今までは、生地をこね、発酵を繰り返し、焼きあがるまでかなりの時間が必要なので休日にしかつくれませんでした。


さっ、頑張って仕事してホームベーカリー買うぞ!


DH.F゜

by owl-top | 2011-02-08 14:08

はちネタ

a0167322_9465298.jpg

朝からはちのテンションが上がり、吠えたり、まとわりついたりと、先程まで暴れてました。

やっと、お昼寝になりました。でも、掃除機使うと、また興奮してうるさくなるので今掃除をしょうか迷っています。

あい歯科クリニックの皆様、先日はお疲れさまでした。渋江先生、ごちそうさまでした。桜

by owl-top | 2011-02-06 09:46

問題を前にして・・・2月 ノルマその1

シーズンインすると ほぼ週末はスキー、です。
今年のレースは 多分、ひとつしかエントリーしませんので
ひたすら 骨折した足のリハビリ兼ねて お遊び滑り、です。

先週末、ニセコは大雪でした・・・
別宅で待機していたのですが・・・リフトは止まる、ゴンドラも動かず。
そして 今週末、来て見ると・・・

a0167322_1484987.jpg


羊蹄山が見えるはずの囲炉裏端スペースからは
窓の前に 小さな羊蹄山・・・この窓枠の下辺は地面から1メートル以上ありますから
小さな羊蹄山は地上から2メートルはあります・・・。

a0167322_14121652.jpg


こっちなんて 大きな窓の3分の2近く 雪で覆われてます・・・

夏は・・・
a0167322_164419.jpg

  ↑ これですからね・・・


さて 問題。

人間は 何か問題が起こると 無視するか(見て見ぬふり?) ただ騒ぐか、
ただ悩み文句を言うか、むやみに闇雲に立ち向かうか、考えるか・・・の 
大体、5パターンで括られそうですよね。

今回の この大雪問題を例にすると・・・

1 雪解けまで待とう の タイプ
2 どうしようどうしよう 大変大変と右往左往、落ち着けない タイプ
3 んー困ったねー、この雪、最低、最悪だねーと 口だけしか動かない タイプ
4 積雪1㎡当たりの重さは 何百キロになるのに 小さな家庭用のスノーダンプで
  屋根の雪も 周囲のスペースも気にせず除雪する タイプ
5 まず最終的な着地点を考える タイプ


何か問題が起こった時、まず 皆さんは どうしますか。

この大雪、除雪に例えて言えば・・・

目の前に大雪の塊がある、ことだけに気を取られて それを除けることだけに
考えが集中しがちです。
でも それだけなら タイプ1から3のケースでも OKです。
雪解けが始まれば解決、ですから。

でも・・・タイプ1から3の場合、

大雪で窓が壊れる、ガラスが割れる
         ↓
家としての機能が損なわれる、寒くなる、防犯上、危ない
         
という想像力や 思考の展開が足りないわけですから
目の前の問題以上の 次の問題が襲ってくる危険性が高くなります。

だから 大雪の塊を放置してしまうことで起こりうる危険性、損失、を考慮すれば
一歩進んだ タイプ4 の 対応となります。

しかし タイプ4のように せっかく、建物への危険性は想像できたものの 闇雲に
単独で除雪することの 自分自身の危険性、労働力や道具の足りなさ、
今後も落ちてくるだろう屋根の雪、そして 排雪のスペース、来年の冬は・・・
などなど に考えが及びきっていません。

・・・そこまで考えると

着地点・・・最終的に どういう状態ならばOKなのか・・・をどこにするのか、を探す
タイプ5がベスト。

この場合の着地点は 将来的に冬シーズン中、雪害に悩まされたくない、です。
根本は 豪雪地帯という避けられない事実、です。

今回だけ 除、排雪しても 何ら解決ではありません。
今回、この雪を何とか無事に独力で除、排雪出来たとしても 次の大雪が来れば
もう 独力で排雪できるスペースも高さもなくなってしまいますから・・・。

だから大切なことは 最終の着地点を出来るだけ 遠くに見据えて
本当の根本的な誘因、原因を解明すること、ですよね。
今だけ しのげても それは 結果的に火に油、のケースもありますから。

なので タイプ5ならば

大雪被害⇒豪雪地帯という避けられない根本要因⇒雪による危険、損失は付き物
⇒除雪、排雪の必要性も付き物⇒労働力、マテリアル、時間、期間の考慮
⇒単独、独力は無理⇒外部への依頼⇒コスト、将来⇒定期契約
⇒将来的にもシーズン中の雪害を予防、という着地点までの道のりを描けます。


問題発生⇒本当の根本原因の追及、解明⇒将来的に どうあるべきなのか、
どうありたいのか、の決定、という思考の展開です。
そして その⇒の間の 起こりうる危険、損失、などのリスク、コスパの想像など
⇒コスパの抑制、リスク回避のための方法の模索など
・・・と どんどん更に思考展開、肉付けをしていけばOK、という論理ですよね。

人間は 往々にして 目の前の見えている問題だけを嘆き、
ただ単なる一過性の原因のみ排除、とか
直前で起きている 分かりやすく見えている原因と問題の解決だけに
気を取られがちです。
でも 問題を前にしたときにこそ 真価が問われる気がします。

見せかけの原因を嘆いても 目に見える問題だけを避けていても 
見せかけの原因探しをして それを排除しても 
見せかけの原因に真っ向から立ち向かっても
それは 何の解決にもなりません。

皆さんは今、何か問題を抱えていますか。
嘆くばかり、では 周囲も 手の貸しようがありません。
避けていても 見て見ぬふりをしても 問題は消えてはなくなりません。
原因を探し排除しても それが根本原因でなければ同じことの繰り返しです。

転がってくる問題の石ころに真っ向勝負しても 問題の石ころには
受け止めた面の裏があります。
転がってきた石を一度、一個、止めても 何個も重なれば 
いつかは止めきれなくなります。
だから 石が転がってくるなら 転がりやすい道の傾斜を憂うのでなく、
石止め柵を作るのでもなく
石が転がってくる原点、向こうにある大きな石山という根本を見極めましょう。

この際の着地点は 今後も落石でケガをしたくない、ということ。
着地点が明確になり 根本は 石山だと判明。
根本から その着地点に向けて・・・対策を考える。

石山を破壊すれば解決かもしれない。
破壊できない石山なら 自分の立ち位置を180度、変えれば落石の危険を
回避できるかもしれない。
破壊もできない、自分も立ち位置を変えたくない、なら 石山と自分の間に
石山と同じだけの大きさの穴を掘る。
穴がだめなら落石の運動性を考慮し それを避けられる幅で
高台を作り その上に登る。
もしくは転がってきた石を転がり返せるような上り坂を
石山と自分の間に作ってみる。
それも無理ならば 今度は 動かせない石山ではなく
次の根本、なぜ、足があって動けるはずの自分が動かないのか、を考えて 
妥協点を探してみる。

解決方法は ひとつではありません。
そして 着地点だって変更可能です。
逆転の発想もあります。
でも 何にせよ 根本を探し当てる作業、
そして最終的な現実的かつ理想とする結果を的確にイメージする努力が必須です。

自分は 最終的にどうしたいのか。
どこに着地したいのか。
着地できない根本原因は何なのか。
理想とする着地をするため必要なものは何なのか。

もっと助走が必要なのか、踏み切り台が必要なのか
速度が必要なのか、・・・。

根本原因を探さずに 飛べない、届かない、と嘆くのではなく
まずは根本原因をしっかり探し当て 見つめて そして 
じゃあ どうすれば いいのか ちゃんと考えてみる。
現実問題として どこまでなら 飛べるのか、届くのかを知る。
そこが大切ですよね。

問題に直面した時、直面している最中。
少し落ち着いて 自分の言葉を聞いて下さい。
口をついて出る言葉は 何でしょうか・・・

感情的な文句や無責任な批判、誰かの誹謗中傷、
既に起こってしまった動かしようのない事実の無駄な羅列の繰り返しや
後ろ向きな言葉が多くはありませんか。

こんな状況は、誰かのせい、何かのせい、・・・で終始せず
なぜ、問題になったのか、その問題をどういう結果にしたいのか、
そうしたら 問題を その理想とする結果に導くためには どうすべきか、
そして 更に将来、同じ轍を踏まないために何をすべきか・・・という
シンプルかつ前向きな 客観的、建設的な言葉が聞こえてきますように・・・。


着地点。
皆さんは どこに着地したいですか。

・・・結局は ちゃんと目的に着地できればいいんですから・・・でしょ?045.gif

人知の及ばない天災とか以外なら 根本を見失わずに解明し
そして 自分勝手な不条理なゴールを目指すわけじゃなければ 何とかなるよね。


分析、じゃなくて 文責 みちこせんせ

by owl-top | 2011-02-05 15:22

洗濯機チャン

a0167322_194221100.jpg



こないだ話した洗濯機(´ω`)♪

やぱかっこいい☆☆☆


なんかマイナスイオンが出る仕組みなんですが…
出てるのか微妙です…


去年院長が行った支笏湖の何だか祭に今年行ってみようかなぁと考え中。

いつからいつなんだろー???

あとできちんと調べてみます♪


デラ

by owl-top | 2011-02-04 19:42