季語

日本は 季語のある美しい言語を持つ国です。

桜の時期、花冷えがやって来ますが
北海道は それに遅れて リラ冷えも到来します。

北海道の春は・・・
『春炬燵』になる日を待ち望みながら
『春うらら』な日には 『風光る』と言う言葉を実感し
山の稜線が うっすらと新芽で緑色に染まり始め 『山笑う』が
的を射ていると腑に落ちる・・・
そんな風に進んでいきます。

時々、誤用されているものが 『小春日和』と 『インディアンサマー』
前者は 春、後者は summer 夏、という単語が入っているので
それぞれ 春、夏、の季語と思われがちですが 秋、です。
寒さが身にしみ始める秋に、突然よく晴れ上がった暖かな日がくることがありますが
そのことを指しています。
季語は 少々、面倒ですよね。

来月 6月になれば夏至。
短い北海道の夏。
今年の夏は 南風『薫風』がたくさん感じられる気候になってほしいですね。

a0167322_14142583.jpg

[PR]

by owl-top | 2012-05-10 14:00
line

ブログ開設


by owl-top
line