ラスベガスをやっつけろ

口にしてはならない言葉、というものがこの世にはあります。

例えば外食産業における非衛生的な生き物。幸い札幌ではあまりお目にかかることはありませんが、九州ではその勢力は恐るべきものでした。

奴らも生き物である以上、餌のある場所には文字通り生命を賭けて潜り込んでくるのは必定であり、飲食店では常に、互いの生存を賭けた争いが生まれています。

しかしその姿を見かけても、その名が聞こえただけで客足が遠のくことは間違いなし。
そこでさるアメリカ外資系飲食企業では奴らを「キャサリン」と呼び慣わすことにしていたそうです。

「店長、排水溝からキャサリンが沢山!」

昔の友人からのメールでそんな話を思い出したので、久々にマクドナルドに行きました。

頼んだのは「Big America」シリーズのラスベガスバーガー。
a0167322_2335870.jpg


肉が通常よりも多く、確かに豪華で味も悪くありませんがちと高め。
どのあたりがラスベガス?

昔のテキサスバーガーの肉々しさを超える限定バーガーには未だ出会えていません。

文責 鈴
[PR]

by owl-top | 2012-01-31 23:35
line

ブログ開設


by owl-top
line