健康診断・・・ノルマ 3

医療機関も企業検診と同様、就業者の健康診断が義務付けられています。
札幌市は 別に結核に関しても報告が義務付けられています。

春は 一般的に この検診シーズンです。
学校でも そうでしょう。
当法人恵仁会でも 検診シーズンです。

オウル歯科は 札幌市内にあり 人口の多い都市ならでは、で
検診機関の予約待ちが何カ月にも及びます。
・・・検診費用を助成する 法人母体 恵仁会のお財布001.gifを考慮しなければ
いくらでも検診費用の高い近隣の医療機関を受診できるのですが
オウルDH 2トップからは 安く受診できる機関がありますから
それを待ちます、とのセリフ・・・流石です・・・頭が下がります。
・・・でも三月から予約して来月の受診ですからね・・・混んでますね。

私も ほぼ一年前、昨春、ガンで入院、手術をしましたが
その時は 前の年をまたいでの 検査に次ぐ検査、
殆ど、年末の昼休みは 病院での検査で終了。
年明けて病名が分かったのが 一月中旬過ぎ。
そこからは まずは 仕事の手筈を整えることから開始。
患者様の治療計画の見直し、引き継ぎ、代診ドクターの手配・・・
それらを見通しながら 入院日を決定。
仕事に穴を開けずに何とかクリアできましたが
健康診断、健康管理は大切だと つくづく思い知らされた出来事でした。
・・・まぁ ガンは防ぎようがありませんからね・・・どうにもならないのですが・・・


ふと振り返ると・・・
歯科医師になって約20年近く。
一日たりとも 突発的に 自身の健康問題で仕事に穴を開けていないんですね・・・。
日曜日に 利き腕 右上腕骨骨折しても 簡易ギブスにしてもらい
翌日月曜から 診療開始とともにギブスを外し 診療終了後、再固定の繰り返し。
とうとう患者様に知られることなく 治癒するまでの一か月、
一日も休まず 治療していましたね・・・

15年ほど前、フランケンのように 骨にボルト固定された時も
ブロック注射などで対応しながら 仕事していましたしね・・・

去年の右足骨折も 一日も休まず受傷から数日は骨折を放置し・・・痛みに強いのか
内出血ととんでもない腫れのまま スタッフに言われる昼休みまで
車を運転し階段の上り下りをし 普通に診療していました・・・(^^ゞ
家庭でも主婦ですから 痛い痛いと寝ていても誰も家事炊事お買い物をしてくれませんから
いつもどおりに こなしていましたからね・・・
大きな病院歯科に勤務していた時も 幹部会議より
急患優先、診療することが 本来の仕事だと認識していましたし・・・。

会議よりも 医療従事者は現場にいてなんぼのもの、ですからね。

持病持ちの友人歯科医師は 休みとなると筋トレをしに
真冬でもプールで(余計な負荷をかけないために)トレーニングをしていましたが
これが 責任者たる姿だな、と感心した覚えがあります。

責任者として分院長としては勿論、勤務医としても
当日、いきなり休むことはあり得ない、と躾けられた時代でもあり
仕事に穴をあけることは とてもとても恥ずべきことだと教えられました。
ずってでも這ってでも来い、と上の先生方から言われた最後の世代かも知れません。
突発的な事態に対応できる代診ドクターがいない、ドクター1人体制勤務地が
殆どだったせいで 甘えが一切、許されない状況だったこともありますけれど。

それでも 今、代診手配可能な恵仁会に勤務しながらも
昨年の入院さえ 三か月以上の余裕を取り
来年の自身の動向に関しては 不確定であっても一年以上前から打診をし・・・が
常識的な 責任者としての 現場を預かる者の行動と思っています。

スタッフを抱え 患者様を抱えているからこそ
そして 当法人の業務は 何ぞや、と考えるまでもなく
本来の業務、診療に支障を来さないよう動くべきが分院長と思っています。

検診シーズンの春です。
本来の業務に差しさわりがある何かを憂慮されていましたら
早め早め、に 対処して下さいね。


ちなみに・・・どんな二日酔いでも診療には穴を開けたことはありません017.gif当り前か?
骨折しても仕事しますから 当然ですね・・・ぷぷぷ


売られた喧嘩と苦労は買ってでも受けて立つ・・・いや苦労はヤダな・・・
もう年なんですから・・・な みちこせんせ、でした070.gif
[PR]

by owl-top | 2011-05-18 13:30
line

ブログ開設


by owl-top
line