子宮頚ガンワクチンについて

お盆休みは いかがでしたでしょうか001.gif
元気な笑顔で それぞれの生活に戻っていますか。

医療法人 恵仁会では 福利厚生の一つとして まさしく!
女性スタッフが多い職場ならでは056.gifの福祉向上を目指し
子宮頚ガンワクチンの助成を実施しております。

ここ数年、子宮頚ガンについて 各自治体独自のワクチン助成制度が整いつつありますが
実際は まだまだ ニーズに追い付いていません。
しかも ワクチンについての情報も 分かりづらいと思います。

そこで 当法人ワクチン助成強化月間に併せて ワクチン接種、ガン検診をお考えの方へ・・・

まず 一般的な子宮ガン(子宮体ガン、子宮頚ガン)検査を受診されると思いますが
出来れば 同時に HPV(ヒトパピローマウィルス)検査も受けて下さい。

子宮頚ガンは ウィルス性のガンと言われています。
その原因ウィルス、HPVは 何十種類もあります。
そして大人の012.gif女性ならば ほぼ皆さんが これらHPVの何種類かの
ウィルスに感染し それらが体内に存在していると言われています。
多数は 自然治癒力などにより ガン化したり 細胞異形成もせず経過していきます。

けれど 悲しいかな、悪性化する場合もあります。
何十種類ものHPVの中で 高リスク、癌化するタイプは 主に16型、18型の二つで
子宮頚ガンの約70パーセント近くにそれら二種類が検出される、
との研究結果が発表されています。
(・・・52型、58型、33型、31型も合わせると9割に限りなく近くなりますが・・・)

その高リスク群ウィルスである 16型と18型に対して効果があるのが 現在のワクチンです。

HPV検査の結果、16型と18型のウィルスが検出されれば 
ワクチン接種は 残念ながら 効果がありません。
しかし それらの高リスクのウィルス群が 必ずしも034.gifガン化するわけではありませんので
定期健診や経過観察を しっかりと実施していれば 事前に対処できます。

16型と18型が検出されなければ ワクチン接種の効果が期待できます。
基本的に 初回の接種から一ヵ月後に二回目接種、初回から半年後に三回目接種、
十分な効果を得るために 計三回の接種が必要です。

自治体によって 子宮ガン検診の助成を実施している場合もありますので
まずは保健所などに問い合わせてみて下さいね。

ほぼ唯一の 予防できるガンと言われる 子宮頚ガンです。
自分の体は 自分で守ってあげて下さいね056.gif
そして まだ小さな女の子がいらっしゃる ご両親へ。
11歳から12歳を過ぎれば ワクチン接種が可能ですので ご一考下さいませ。
ちなみに 小学校6年生の女の子を持つ友人は 今年、ワクチン接種させたそうです016.gif

アメリカ、イギリスなど 諸外国のように 日本も 早く 自治体任せでなく
ワクチンの公費助成国になってほしいですね。
[PR]

by owl-top | 2010-08-17 00:00
line

ブログ開設


by owl-top
line